「竜馬がゆく」について

2016/11/13 16:52
こんにちは。 司馬遼太郎さんの「竜馬がゆく」、途中ではあるのですが、中々面白いですね。 どこが面白いのかを言うと、やはり竜馬の行動でしょうか。 なんと言えばいいのか、竜馬は意外なことに、現実主義なのですが、時として、周りからは大ほら吹きなどの罵詈雑言を浴びせられるのです。哀れ竜馬、行く先々で嵐に会う。まあ、それだけでも面白いのですが、何と言ってもその行動力は凄まじいです。待つ時は待ち、行動するときには行動するという、繊細で大胆な人間は現実には中々いないでしょ..

続きを読む

もっと見る